戸川 幸夫 プロフィール 
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』へ

次は、藤沢  桓夫の「風は緑に」
の予定です。

Homeページへ
Homeページへ

戸川 幸夫/著 文平とその仲間
挿絵 土井  栄
昭和49頃の新聞連載 東北(庄内地方)
全308回の短編4話で構成されています。

1話  「ご存知ですか」 突撃・御対面・疑惑・直美の探索
     管野老人・鳩の秘密・新しき愛
2話  「ライオンの行方」 恐怖の船・文平作戦・事件の陰で
     檻の秘密・終りと始め・二人三脚・表と裏
3話  「取材旅行」 氷の海・霧と太陽・雀・イルカ突き・押し花
     直美の発見・恐ろしき復讐・二つの花
4話  「熊荒れ」 野生の裁き・村で・流された血・爪の嵐
     幼花散る・口ハッパ・死の対決

Cut-in illustration

 文平とその仲間